親子引き離し人気ランキング ランダム表示

画像ブログ名 / プロフィールプロフィール / 紹介文 / 最新記事 週間IN 週間OUT
ことめさん 70 70
YEKCOさん
  • 情報提供問題家庭の舵取り日記YEKCOさんのプロフィール
  • 夫婦関係の拗れから愛娘を連れ去られ調停中です。そのなかで起きた事、感じた事。
  • 最新記事 
0 80
鬼神お父さんさん
  • 情報提供鬼神お父さんのブログ鬼神お父さんさんのプロフィール
  • 数々の修羅場。不貞裁判、同居調停。逆ギレ不貞妻、子供の連れ去り引き離し、義実家籠城。子供に会いたい!
  • 最新記事 
0 115
神代崇司さん 0 150
ろんわんさん
  • 情報提供児童相談所との記録ろんわんさんのプロフィール
  • 西三河福祉相談センター(児童相談所)に娘を拉致(一時保護)されそうになりました。
  • 最新記事 
0 25
一一さん 0 130
hisdaddyさん 0 4
グラジオラスさん
  • 情報提供里親家庭を「家」と呼ばないでグラジオラスさんのプロフィール
  • 身体的虐待、性的虐待、レイプ…里子たちの「里親家庭」体験記。里親委託ではなく「養子縁組」の推進を。
  • 最新記事 
0 5
ヒロさん
  • 情報提供心の治療日記ヒロさんのプロフィール
  • 病的賭博、借金、妻の不倫、子供の連れ去り、児相問題、離婚裁判、慰謝料、心の病、の踏ん張る日記
  • 最新記事 
0 78
vs-motoyomeさん
  • 情報提供不倫女と闘う@のブログvs-motoyomeさんのプロフィール
  • 悪質な女に『精神的・肉体的・経済的苦痛』を与え、仕返しや復讐を実現させる。
  • 最新記事 
0 21
画像ブログ名 / プロフィールプロフィール / 紹介文 / 最新記事週間IN週間OUT
ゆうなパパさん
  • 情報提供ゆうなパパのブログゆうなパパさんのプロフィール
  • なんでもモラハラにしちまう妻に最愛の娘を連れ去られたパパの奮闘日記!
  • 最新記事 
0 70
あるふぁてさん 0 210
雨と雲さん
  • 情報提供雨雲色の人生雨と雲さんのプロフィール
  • 嫁実家より親子引き離しの報復を受け、うつ病を患う。子と面会するために家裁に通う。
  • 最新記事 
0 6
トンボさん 0 12
更新時刻:18/02/21 13:00現在

家族ブログ カテゴリー(14662人) / あいうえお順

JIMBOさん - 親子の価値観の違いによる、すれ違いのドキュメントです。ことめさん - 嘘つき子供連れ去り女の実態と女への怒りと憎しみを綴る日記haleshomaさん - 「国際的な親による子の奪取」調査。各国の子どもと引き離された親たちと関係各機関の連携をめざして。
JIMBOさんことめさんhaleshomaさん
はまぐりさん - 親子の絆を守るにはどうしたらいいか?三重のみんなと一緒に行動していきます。とーたんさん - 愛娘と"片親引き離し"となり(2003年7月-)、そして"生き別れ"・・。
父から娘への遺言(その1)。vs-motoyomeさん - 悪質な女に『精神的・肉体的・経済的苦痛』を与え、仕返しや復讐を実現させる。
はまぐりさんとーたんさんvs-motoyomeさん
トンボさん - 横暴を極めた連れ去りヨメ激増中。鼻息荒くしてリベンジに萌える連れ去られ父さんを応援するサイト。hisdaddyさん - 配偶者による子の連れ去り問題に立ち向かう情報サイトです。Leiさん - 児童養護施設出身者です。家庭を知らない事、大人の愛着障害・無愛着の事などについて勉強中です。
トンボさんhisdaddyさんLeiさん
鬼神お父さんさん - 数々の修羅場。不貞裁判、同居調停。逆ギレ不貞妻、子供の連れ去り引き離し、義実家籠城。子供に会いたい!たみふみさん - 親どうしが別れても親子が親子であるために!
 離婚後の共同親権運動を始めました。
親子ネットさん - 私達は、親子が自由に交流出来るよう、面接交渉権の明文化や共同親権の実現を目指して活動しています。
鬼神お父さんさんたみふみさん親子ネットさん
おせんさん - 別居を経て、愛するわが子と離れて暮らす我が子への思いをつづります。ダイナソーさん - 親の離婚後、一歳で母親から引き離され39歳で再会その後のあれこれ国立さくらさん - 親どうしが別れても親子が親子であるために! 離婚後の親子の面会交流を求めます。
おせんさんダイナソーさん国立さくらさん
bonnkuraさん - 4人の娘達とのありのままの暮らしをだめパパが綴っていきます。へんくつ店長さん - モラハラ妻との離婚活動中。別居で会えない子供との面会交流調停、父親として何をすべきか模索しています。New-Canさん - 国内/海外旅行記の他、2012年生まれの息子を通じて意識し始めた“親子”や“子ども”の件など。
bonnkuraさんへんくつ店長さんNew-Canさん
>