家庭崩壊・機能不全家族 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/05/22 10:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
からっぽさん
  • 情報提供絶望的 騎士きどり knight kidoriからっぽさんのプロフィール
  • 初めて妹が過呼吸をおこしたのは、妹が高校生の頃だったと思う。その頃、彼氏だった義弟が、パニック障害の本も買ってきたのを覚えている。私の引っ越しの話になり、「姪っ子ズにとって、ばぁばの家がなくなるのは可哀想。妹が嫌でないなら私の所に遊びにこれるように、そんなに遠くない所を探すつもりだから、また遊びに来てくれれば」と私が言ったのに対し、義弟は頷きも返事もしなかった。今回の話し合いで心残りとなったのは、

2位
からっぽさん
  • 情報提供明日、話し合いをします 騎士きどり knight kidoriからっぽさんのプロフィール
  • そうこうしているあいだに、他県から、母の兄(私のおじ、祖母にとっては息子)がやってきた。今後の、特養の費用の相談や、特養の選定をするつもりだったらしい。しかし、相談どころか、祖母はこの家に帰って来ることはなくおまけに新幹線で30分(40分かな)くらいの所に移る、と聞いて、ひたすら驚いていた。今まで私と母に丸投げしていたわけなので、何を言うでもなく、「そうか」と言っただけだった。そして、義弟からやっとライン

3位
孤独パパさん
4位 からっぽさん
  • 情報提供話し合い② 騎士きどり knight kidoriからっぽさんのプロフィール
  • 上がりながら、こんばんはー、だか、お疲れ様ー、だか言いながら、義弟が笑顔を見せた。私も「お疲れ様ー」と笑顔を見せたが、目が合ったのも6年ぶりなのだろうと思った。リビングで座りながら私は「面倒かけるね」と言った。拍子抜けするほど穏やかに話し合いは始まった。最初に、「大ばあちゃんはどう」という話をふられた。現在の祖母の様子、特養のこと、つなぎの施設のこと、先日真ん中の妹が帰ってきて、母ごと他の市に引き
5位 まおさん
  • 情報提供うつ病は怖い!休職していた彼が職場に復帰!しかし激ヤセ Beef or Chickenまおさんのプロフィール
  • www.rikon-saikon.siteこのまま会社を辞めるんじゃないかとまで噂されていた彼。仕事復帰しました。当然休むときに公に公表してるわけではないので復帰も公にされたわけではありません。「○○さん会社来てるよ」今は部署も違うしフロアは同じだけど席は全然離れているので気が付かなかったけど他の人に教えてもらって知りました。「ああ、辞めなくてよかった」単純にそう思いました。その後も姿を見かけたりするも話しはしません
6位 孤独パパさん
  • 情報提供トイレ勉強、いいね! 大切な家族へつづるブログ孤独パパさんのプロフィール
  • はやてへ今、トイレに貼ってあるやつ。国語と理科だね。いいね、コレ!パパにはチンプンカンプンの化学反応式だ!パパよりにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村
7位 孤独パパさん
  • 情報提供旅行2日目だね 大切な家族へつづるブログ孤独パパさんのプロフィール
  • あやかへおはよう!もうホテルを出発する時間かな?今日は京都だね。寺とかあまり興味がないあやかだけど、日本の文化・歴史を目と頭によ〜く焼き付けてきてね!あと想い出づくりもねパパよりにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村
8位 あじくんさん
  • 情報提供加害者を責めてもねぇ・・・・解決しないし 味くんの家族再生日記あじくんさんのプロフィール
  • 私のところでのカウンセリングはこの十五年を通して女性45%男性55%程度で推移してたけれど、昨年は件数が増えたぶん女性の来談が増えたようで昨年一年を見てみると女性53%男性47%と男女比が逆転しました。女性の多くは夫婦間の問題の当事者であり、いわゆる被害者もいれば、加害者と言われる方もいます。被害者の方は、世間の被害者支援に納得できずに私のところに来られるわけですが、女性加害者と言われる方は、世間には受け皿も
9位 しーちゃんマンマさん
  • 情報提供妻のメールにはもう返信しない?!旦那 この主婦 家庭内環境問題あり!!しーちゃんマンマさんのプロフィール
  • こんにちは、昨日子供を連れてママ友とお出かけしてきました!もはやみんなは休日にも家族でこんな風にお出かけされるんでしょうが、我が家では家族でもお出かけなんて皆無です…。会話どころかまともに顔も見てないので、みんなから旅行の話を聞いてても、旅行なんて考えにも及びません…だって一緒の部屋にいるの苦痛すぎて無理ですから。今年の夏の旦那の実家に帰省する時…って言ってももうどこまでもつか分かりませんので帰る
10位 不登校・家族関係カウンセラー宮崎真由子さん
  • 情報提供怒りは、二次的な感情と知っておくと・・・。 不登校・家族関係の悩みサポートします。不登校・家族関係カウンセラー宮崎真由子さんのプロフィール
  • ご訪問ありがとうございます。小田原南足柄カウンセリングSUNの宮崎です。 心理学ではよく言われていることですが、 「怒りは、二次的な感情」 怒りのその前には、別の感情があった。あるいは、怒りのその下には、別の感情が隠れている。 自分の湧いてくる感情が自分にとって都合の悪いことだと感じると、人って、瞬時に別の感情、例えば怒りとして表現したりするようです。 淋しい、悲しい、認めてほしい、など、自分の弱い部
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 サランさん
  • 情報提供渡辺謙・南果歩離婚 やり直したい私の記録サランさんのプロフィール
  • やっぱりだめだったか。不倫された方は、深く深く傷付く。他の人間に当たらないと、自分を保てないほどに。母が不倫を知ったときに、支えられる力が私にあれば、違った今があったかもしれない。
更新時刻:18/05/22 10:30現在