親戚(画像探し中)

親戚(画像探し中)
テーマ名
親戚(画像探し中)
テーマの詳細
作成日:2019.10.10 趣旨:直系・傍系の尊属卑属について書かれた記事を歓迎します。
テーマ投稿数
9件
参加メンバー
1人
管理人
ソブラニー①管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「親戚(画像探し中)」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「親戚(画像探し中) 家族ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

親戚(画像探し中)の記事

1件〜50件

  • 大嫌いなお家が一瞬だけパラダイスに!
    2019/12/14 13:09
    大嫌いなお家が一瞬だけパラダイスに!

    母方祖母宅を訪れない時期の交流は電話一本だった。特に用はないのだけど夕方にかかって来る事が多かった。二言三言を交わして電話を切る。それだけで嬉しい気持ちになって一日の終わりを迎える事が出来た。親と暮らす家なんて私にとって◎ではなかった。×でしかない場所に光が射した。母方祖母達が我が家を訪問した。父親の事を嫌ってるから絶対来る訳がなかった。だからとっても嬉しかった。その日に撮った写真はニコニコ笑顔だっ...

    ソブラニー①

    憎しみの標本①

  • 嫁の命取りになる聞き間違い
    2019/12/13 08:03
    嫁の命取りになる聞き間違い

    父親の実家で大人達が言葉を交わす場面を見た。会話って言う程、話が弾んでいる様子はなかった。応答、受け答えでしかなかった。 母親「心の こもった 物を頂き…。」 私「心の くもった 物?」口外こそしなかったけど大人になると解る。幼児だとしても尋ねてはいけない聞き間違いだった。もし言ってたら子供に悪口を教えるお家に映っちゃうからね。 --余談-- 母親は気が利かない事を理由に父親の姉からは下に見られていた。 ...

    ソブラニー①

    憎しみの標本①

  • かったるいお泊まり
    2019/12/13 08:03
    かったるいお泊まり

    父親の実家に行きたいと思う事は一度もなかった。泊まった回数だって3未満な気がする。1だとしても不思議ではない。普段は一家三人で訪問した。たまに母親が同行しなかった。そんな時にお泊まりイベントが発生した。父親にとっては勝手知ったる心温まる実家だった。私にとっては古くて暗い大きなボロ家だった。トイレは母家にないし泊まるのも蔵だった。蔵には閂の様な鍵になる物がなかった。白い障子一枚で外界を隔てるだけだった...

    ソブラニー①

    憎しみの標本①

  • 未就学児でも解るアウェイ感溢れる場所
    2019/11/29 16:44
    未就学児でも解るアウェイ感溢れる場所

    甲府市の近隣にある地方自治体。車でしか行けない山奥の小さな村。其所が父親の実家だった。木々に囲まれて鬱蒼とした場所。戦前は地主だったから土蔵と池がある。池には錦鯉が沢山泳いでいた。古びた母屋へ入ると暗い土間が広がる。靴を脱いで居間へ上がる。掘り炬燵に座って喋る。話すのは父親とその家族。私と母親は黙っているだけ。暫くしたらさようなら。やっと帰れる。母方祖母宅とは異なる毛色で居心地悪い空間。早くおさら...

    ソブラニー①

    憎しみの標本①

  • 【年少組追加】どんよりした光が包むweekday② 〜笑顔〜
    2019/11/22 11:45
    【年少組追加】どんよりした光が包むweekday② 〜笑顔〜

    母方祖母宅へ行くと平日昼間でも遠出が少なくなかった。チラホラと行ったのは愛宕山が多かった。しかし、記憶に残っているのはサーカスだった。結構遠い所だったと思う。甲府市内ではなく山梨市や塩山市辺りだった気がする。ナイロンだかビニールの大きなテント。弾力性あるフワフワ。曲芸や動物による催しを見るよりもピョンピョン跳ねる方が印象深い。家に居ても退屈。近くの公園は億劫。じゃあ出掛けよう!どんな理由なのかは解...

    ソブラニー①

    憎しみの標本①

  • 【年少組追加】どんよりした光が包むweekday① 〜寛ぎ〜
    2019/11/15 18:09
    【年少組追加】どんよりした光が包むweekday① 〜寛ぎ〜

    母方祖母宅へ行くと平日昼間でも遠出が少なくなかった。何の用があったのだろうか。伯父が席を外す場面がチラホラ。停めた車の中で退屈な時間が過ぎるのを待った。そんな時に母方祖母が行う事があった。私を己が膝に寝かせる。そしてヘアピンで私の耳掃除を始めた。私が母方祖母を好きだったせいなのか。耳垢の除去に痛みを感じた事はなかった。私は身を委ねた。<画像>20190922 【しーらかんすcafe】壁のオブジェ笑顔で居られた...

    ソブラニー①

    憎しみの標本①

  • 踝から目をそらす様になった一因① ~過失~
    2019/10/10 09:35
    踝から目をそらす様になった一因① ~過失~

    真夏の昼、私は母方祖母宅の居間で横になっていた。叔父②の自転車で出掛けて怪我をした。子供用椅子を付けていても足を置く所がなかった。故に足が車輪に巻き込まれる事が何回かあった。岡島百貨店の包装紙が畳に敷かれていた。青と紫の楕円デザインが血に染まった。痛みはおさまったのか私は静かに天井を眺めていた。出血だけだったから病院は行かなかった。大人達はのんびりテレビを見ていた。この記憶があるから私は踝の内側を...

    ソブラニー①

    憎しみの標本①

  • 姓は文字でしかない
    2019/10/10 09:35
    姓は文字でしかない

    町工場で作った物を伯父が車を運転して納品していた。配達の時、私はたまに助手席へ乗せて貰えていた。私自身は車を降りる事がない。途中でお菓子を買ってくれる事もない。だけど一寸したお出掛けには変わりがない。只管待つだけで退屈だったけど楽しくもあった。伯父が出発前に配達物を車に詰め込んでいた。私は玄関の辺りでボサーッと立っている。母方祖母と伯父が私を見て横顔が父親にそっくりだと言った。悪気のない発言だけど...

    ソブラニー①

    憎しみの標本①

  • 母方祖母宅での過ごし方
    2019/10/10 09:34
    母方祖母宅での過ごし方

    母方祖母宅は自営業。1Fが町工場で2Fが住居。階段一つで繋がっているから淋しくなかった。時々、叔父②が様子を見に来たし私も工場へ行ってた。工場へ行くと安全への配慮から伯父に追い払われたのだけどね。2Fでこえだちゃん・プラレールで一人遊び。たまに課せられるお手伝いは母親の躾放棄により不出来。その為、怒られてばっかりだった。だけど私は其処が好きだった。母親の迎えで帰宅する時はこの世の終わりだった。トドメを刺...

    ソブラニー①

    憎しみの標本①

カテゴリー一覧
商用