死別 注目記事ランキング

?
  • 1位

    少しはマッタリ生きてみようか…

    かみさんが癌と診断された「あの日」から。俺の神経はずっと張りつめていた…ような気がする。今さら気づいたのかよ!と突っ込まれてしまうかもしれないが、おっしゃるとおりで今さら気づいたのだ。かみさんの病気を絶対に治すんだ…かみさんを絶対に救ってみせるんだ…そし

    プーちゃん

    いつか迎えに来てくれる日まで

  • 2位

    平穏という言葉の本当の意味

    かみさんが元気だったころ。かみさんと俺との暮らしは”ワンパターン”だったような気がする。とりわけ俺が今の会社に入ってからは、「判で押したような日々」が続いていたような気がする。そうだ。かみさんと俺は、同じことを毎日、毎週、毎年繰り返してきたのだ。それなの

    プーちゃん

    いつか迎えに来てくれる日まで

  • 3位

    堕ちるところまで堕ちてみる。

    かみさんが元気だった頃。俺は幸せだった。この世界が大好きで、人生が大好きで、友だちも大好きで、仕事や趣味も大好きで、そして何よりも、かみさんのことが大好きだった。かみさんを愛し、かみさんに愛される。かみさんを癒し、かみさんに癒される。かみさんを守り、かみ

    プーちゃん

    いつか迎えに来てくれる日まで

  • 4位

    リセットタイムと24年

    毎晩、ハコちゃんが起きたらリビングを散歩させてる間にケージを開けてうん〇掃除したり( ´艸`)ケージ内を軽く整える。その間ハコちゃんはわたしの周りをうろうろいつもは毛繕いしたり走り回ってるのに最近はケージの中にあったエサを出して

    みくこ

    手をつないで

  • 5位

    今年の抱負と人生の目標

    子供の頃は学校で『新年の抱負』なんて宣言しなきゃいけなかったり。。わたしはこれがめちゃくちゃ苦手で(*_*)毎年凄く悩んだ覚えがある。目標は大きく掲げた方が良い?それともやり遂げられる可能性の高いものにした方が良い??う~~~ん

    みくこ

    手をつないで

  • 6位

    眩しい光の中に

    年が明けてから“朝目覚めた時が辛い”症状再び続いている。一周忌くらいまで毎朝、目覚めて隣を見ては辛くなってそれが少しずつ慣れたのか減っていった。こうして気持ちが低迷すると途端にぶり返す。分かりやすい症状。最初の頃の

    みくこ

    手をつないで

  • 7位

    消えてなくなれ

    本当に心臓って 動いてるのかな 真夜中のキッチンで 包丁を見つめていた 頭に浮かんでくるのは 自分で心臓を えぐり出してる画 。。。 出来もしないこと 。。。 知ってるよ そんなこと どうしたんだろうな 確かめたいんだ きっと ちゃんと自分の心臓が 動いているのを この目で...

    ぴょこりん

    今日が人生最後の日

  • 8位

    おひとりさま、それぞれの「取捨選択」

    おひとりさまになって節約のためにまずしたことは、車を手放したこと。維持費でかなりの額のお金が出て行くということもあったが、一番の原因は忙しさに紛れて免許更新をしなかったことにあった。免許更新のお知らせは来ていた……と思う。自分の誕生日も忘れていない。それ

    tomatohole

    本とほん

  • 9位

    言ってはいけない

    たぶん、似たようなことを言われた人は大勢いると思う。「え、一人暮らしなの?パートでだいじょうぶ?派遣(の収入)だってキツイのに」「なんで週三? もったいない。他に何かやってるの?」「自分の時間がいっぱいあってうらやましい」(←特にコレ。ほんとうによく言わ

    tomatohole

    本とほん

  • 10位

    号泣号泣

    やはり一月近くほとんど泣かなかった反動か朝までは平気だったのに突然、涙が止まらなくなったものすごい大波にさらわれたようだったとっさに雨戸もカーテンも閉め、かけ布団を2枚かぶって出来る限りの声で叫んだ1ヶ月分の涙が出切った思いっきり叫んだら頭の中のストローが全部貫通して綺麗なスッキリした空気が通り抜けたみたいもうこんなことはないかと思ったのにやっぱりまだまだまだまだダメであった体調が良くないのと、検査の心配もあるからかな号泣して叫んで少し心の風通しがよくはなったみたい涙も辛さも溜めすぎはよくないんだ号泣号泣

    夫と死別した元乙女

    夫と死別した元乙女のブログ

  • 11位

    最後の食卓

         大切な人と最後に囲んだ食卓を覚えていますか?あの日の朝は秋晴れの、少し暑い日。いつもの半熟目玉焼き。鰹節の出汁の簡単おかゆ。梅干し。巨峰と梨。そして最後の入院をした。あの日はまた熱帯夜。いつまで暑いのだろうと言っていた。錦糸卵。キュウリとハムの

    tomatohole

    本とほん

  • 12位

    75.転院の話

    2016年10月3日 この日の午後、いつものようにパパの面会に行くと、パパの頭が包帯でぐるぐる巻きになっていました なになにごと もう私、パニックで半狂乱に …

    なっこ

    脳腫瘍(膠芽腫)と闘ったパパの記録…と私の想い

  • 13位

    見守るということ。

     昨年のドラマ10「透明なゆりかご」いい作品でした。それ以降、私が注目している女優の清原果那ちゃんの新しいCM。見始めた時は娘が生まれて親バカでデレデレなお父…

    コメット

    もう一度会うために

  • 14位

    76.母に叱られる

    2016年10月4日 この日も、私はいつものようにパパの面会に行きました。 抗がん剤治療が終わったパパは、ずいぶんと疲れにくい身体に戻ってきているみたいで、表…

    なっこ

    脳腫瘍(膠芽腫)と闘ったパパの記録…と私の想い

  • 15位

    なんでこんな時に

    昨日ポストに電気料金と水道料金の検針票が入っていました。我が家は「従量電灯」と「深夜電力」の2契約。深夜電力は風呂用の電気温水器だけの電力です。深夜電力料金は…

    マチルダの夫

    いままでありがとね

  • 16位

    77.A病院最後の日

    皆さま、昨日の記事に関して、母の言葉への共感や、私の事まで案じてくださるありがたいコメントを多数いただきまして、本当にありがとうございます。過去の回想ブログに…

    なっこ

    脳腫瘍(膠芽腫)と闘ったパパの記録…と私の想い

  • 17位

    やはり病院ってなんだか疲れる

    検査が終わってホッとしたのもあるし事前の準備で2日ほど、うどんとお粥生活(ふらふら)加えて必要以上に早起きし(午前3時に目が覚めた)やはり気疲れなのか、病院疲れなのかとても疲れました‥‥疲れたことに気づきましたやはり病院って、独特の雰囲気元気100%な人は普通は来ず心や体のどこかに必ず不安がある人ばかりですもんね夫が亡くなった後、久しぶりに大きな病院に行ってあの独特の雰囲気を思い出しました点滴と麻酔をしてストレッチャーで検査室に運ばれましたこれも5、6年ぶり白い天井がサーっと動いていくような感覚ストレッチャーからの景色ってこんな感じだったな夫が病院から最後に運ばれた時もストレッチャーでも夫はもう白い天井も見ず、動く感覚もなかったんだなそんなことを思い出したりもしました今回検査を受けた病院は、私が以前手術を受けた...やはり病院ってなんだか疲れる

    夫と死別した元乙女

    夫と死別した元乙女のブログ

  • 18位

    コート派?ジャンパー派?

    寒い日の外出は、上着を着る、これ当たり前の事。俺は、コートよりジャンパー派。妻は逆に、コート派だった。コートって、ジャンパーより薄いよね、それで何で寒くないの?よく妻に聞いていたけど、コートは暖かいそうだ。そうなの?俺よく知らないから。俺

    カンちゃん

    妻の遺影が微笑んでいる

  • 19位

    半年で10キロ痩せました

    現在、胃腸炎でダウン中のyua-marinです…。主人が亡くなってから半年。64キロあった体重が54キロまで落ちました。元々は50キロぐらいの体重だった私です…

    yuamarin

    最愛の夫と死別。子どもたちと頑張って生きてます!

  • 20位

    自分に優しくしようと思う

    無事に検査終了結果は自分で予想していたものと同じやはりちょっとした問題は見つかったけどそれも無事切除そうなったらそれまでの心細さはなかった息子に心配させずすんで良かった安心が大きかったたったの8日間に検査結果の郵便を受け取る(問題あり、要精密検査紹介状も同封)翌日専門病院受診採血等の検査後、精密検査の予約を翌週に取れた(通常なら早くて数週間待ちの検査紹介状と医師の判断のおかげ)昨日精密検査と処置驚きのスピードだった最初の郵便が届いた時点で、すぐ開封しなかったりそのうちに精密検査をするかなぁとのんびりしてたら、1ヶ月くらいすぐすぎるそのうち忘れてるかもしれないおそらく、数年前の自分ならしかし、そのうちそのうちと思っていて、万が一深刻な病気があったら1ヶ月後に生きてないことだってある夫が詳しい検査を受けたのに病気が...自分に優しくしようと思う

    夫と死別した元乙女

    夫と死別した元乙女のブログ

  • 21位

    いつかどこかで

    届くと思って 手をのばしていた 宙を掴むだけだと わかってやめた その代わり 空を見上げるようになった 地面ばかり見つめていた私は 沈んでいく地面が 気にならなくなった 沈んでいったとしても そのままにしておくだけ もがけばもがくほど 沈んでいくけど ほっとくとぬかるみは ...

    ぴょこりん

    今日が人生最後の日

  • 22位

    フィッシュストーリー

    僕は多分ロクでもない人生を生きてきた。 どこかで失脚しても、どこかで死んでも、 文句言えないレベルのロクでもなさだ。 その分、生きてて相当楽しかったわけだがw なので、「いつ死んでも文句言わねえ」と決めていた。 結婚して、子どもを授かってからも同じだった。毎日楽しくて、「こ...

    黒犬

    笑う黒犬の憂鬱

  • 23位

    やっと回復

    落ちた日から 体が動きませんでした。 頭が痛くて 涙も止まりません。 土曜日は姫の授業参観 「見に来てね」と 言われたから ちょっとだけ顔出して すぐに帰りました。 その日は一日中 横になって シクシク泣いていました(;_;) 母の介護保険証が 届いて中を見ると 介護度が上...

    ぴょこりん

    今日が人生最後の日

  • 24位

    リリィ・・・

    「リリィがあまり動かなくなった!」と、義母から娘に電話が来た。 次の日が土曜日だった事もあり娘家族は、急いで実家に帰ることにした。 リリィ…は、あっちゃんから娘へのプレゼントだった。 今から16年前…我が家に・・・突然やってきたミニチュアダックスフンドである。 それは、手の...

    さとみ

    絶望の底から青空を見て・・・

  • 25位

    漂流中の息子を迎えに

    明後日埼玉まで迎えにいってきます。この先、何が起きるかわからないので今日の夕方娘を家に呼んで大事なものの保管場所を教えておきます。 にほんブログ村にほんブログ村

    マチルダの夫

    いままでありがとね

  • 26位

    帰り道

    自転車に乗って、薄暗い夕暮れの中 家路を急ぐよ いつもこの時間は、あなたを思う 皆それぞれ、どこかへ帰っていく 何をするにも どこへ行くにも いつもあなたを思い出し、あなたに重ねて やっぱり寂しいな どこかにいてくれたらいいのに 決して二度と会えなくても どこかで笑っていて...

  • 27位

    低周波治療器 バンザイ!!

    気持ちが落ちまくってます。もう二度と主人には会えないことを再認識してしまった私。バカだなぁ。考えるなよ自分。主人のことを考えれば考えるほど思い出せば思い出すほ…

    yuamarin

    最愛の夫と死別。子どもたちと頑張って生きてます!

  • 28位

    過去記事に乗せた思い

    この一週間、残業ばかりでしたと言っても、定時で帰ることもほとんどないのですが…仕事で体力をほぼ使い果たし帰って寝る日々毎日うたた寝してしまいぼんやりとお風呂に…

    麦の穂

    自死の明日

  • 29位

    当たっちゃった…

    やっと金曜日、働くのは疲れます。 だけど、今の私には働くしかないから…働かなければ、彼のことずっと考えちゃうし、仕方ないよね。 それより、どうしよう。 セカオワツアー当選…当たっちゃった。 前回は外れたので、今回も当たらないと思ってた。 まさかです。 はてさてどうしたものか...

    わこのり

    わこのりのブログ

  • 30位

    あの世と魂 ~経験知の向こう側~ (24)

    ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しな

    プーちゃん

    いつか迎えに来てくれる日まで(番外編)

  • 31位

    守護霊

    私は妻に操られてる気がしてならない。血圧も尿酸も高いのを承知しながら何もしない私をどうやって治療させようか、と考えたのだろう。妻はまず私に吐血させた。止まらない吐血に驚いた私は、救急車を呼んだ。ここまでしないと病院に行かないから。病院で検査をして、医者は

    しんさん

    はーとふるでいず

  • 32位

    彷徨う

    子供の育て方もめちゃめちゃで、クソのような親。クソの家族でしかない。3男も殺したのは私。そこまで追い詰められて壊れずに 耐えてることはできなかった。私に居る場…

    大徳子

    怒涛の向こう側〜逆縁に生きて

  • 33位

    困ったおばさんです

    新聞配達の事です。私の行ってる販売店には女性のアルバイトの人が私の他にもいます。そのうちの一人のおばさん。年は私より少し下だと思いますがなんとも困った人なんで…

    いづみ

    小腸がんで逝った、あなたの事を忘れない

  • 34位

    あの世と魂 ~経験知の向こう側~ (25)

    ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しな

    プーちゃん

    いつか迎えに来てくれる日まで(番外編)

  • 35位

    ここまでよく耐えてきたものだ・・

    阪神淡路大震災から丸24年が経った。当時、職場は神戸にあったから何時間もかけて職場に通っていた時期があった。倒壊した家やビルの前を通りながら・・あの時、何千人という方が被害に遭われ大事な人を亡くした遺族があった。僕にはその人たちの苦しみはわからなかった。

    正浩

    7年半の介護生活「お母ちゃん、よう頑張ったなあ」

  • 36位

    46歳という現実

    今日と明日、大学入試センター試験です。娘の大学入試の幕開けでもあります。 私大志望の娘は、センターより、その後に続く各私大の一般入試が本番で、センターでは滑り止めの確保が目的です。親が何かしてあげられるわけでもないので、とりあえず近所の氏神さまへお参りに行き、夫の仏壇にも手を合わせて、各方面への挨拶だけは済ませておきました。 子供達が大人の階段を上っている時に、私は確実に中年から老年への階段を上っています。老年には早いか。まだ46歳だし。私より年上の方からしたら、何言ってんだって感じでしょう。 でもですねえ。されど46歳。なんですよ。 私は今ほぼ無職です。夫が生きている時は、夫と一緒にイベント…

    みずき

    みずきのブログ 夫と死別のアラフィフ

  • 37位

    平穏な日を願って

    仕事が手につかず気晴らしに買い物に行ってきました。息子が東京に行ってから買った丼ぶり用の器と大きめの汁椀。娘が週に1度夕飯を食べに来たとき、たまに使っていまし…

    マチルダの夫

    いままでありがとね

  • 38位

    介護ブログについて

    僕が母親の介護をしていた頃に僕と母親の介護の様子を、ブログに残されたら・・と言う人間がいた。母親の最初の介護事故の事で相談していた弁護士だ。なかなか煮え切らない弁護士に一度自宅に来て貰い母親の様子を見て欲しくて出張費や交通費をこちらが負担して来ていた時だ

    正浩

    7年半の介護生活「お母ちゃん、よう頑張ったなあ」

  • 39位

    夫にやはり感謝です

    昔と違い、今は結婚する時は殆どが恋愛結婚だと思います。親の決めた相手だとか写真を見て決めたとか言う話は最近は聞いたことがありません。私の母などは父と結婚する前…

    いづみ

    小腸がんで逝った、あなたの事を忘れない

  • 40位

    さびしくったって~♪くるしくったて~♪

    今日もかなり忙しかった。午前中はオフィス引っ越しに伴う打ち合わせとかもあり。昼にいつも食事会のデリバリーをしてくださる方が用事で来られたのでランチ。かわいいわ…

    もじこ

    もじこのブログ ロストシングルって言うの?

  • 41位

    先を見据えない暮らし

    最近、親の老後のことだけでなく 知り合いやら会社関係やら 老親の暮らしに悪戦苦闘している人と接する。 突然、親が病気になって手遅れだったり 亡くなってしまったり、 体調不良なフォローをしたり、 暮

    877ばなな

    なちゅらるに生きよう

  • 42位

    日々是好日よね

    今日もそこそこ頑張りました・・・かね?お客様のオフィスへ直行して打ち合わせはスムーズに進み。場所がずっと働いていた前の前のオフィスの近所だったのでずっと食べた…

    もじこ

    もじこのブログ ロストシングルって言うの?

  • 43位

    次女と話した事

    最近次女とも時々ですが夫の話をしたりします。大した話じゃありません、寝たきりになってからの事やまだななちゃんやももちゃんが小さかった時のことなど色々私が知らな…

    いづみ

    小腸がんで逝った、あなたの事を忘れない

  • 44位

    あの世と魂 ~経験知の向こう側~ (23)

    ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しな

    プーちゃん

    いつか迎えに来てくれる日まで(番外編)

  • 45位

    手を差し伸べられなかった

    2007年10月乳がん告知され、術前抗がん剤治療後、2008年4月にラジオ波手術をしました。放射線治療、5年間のホルモン治療も終わり、ほっとしたところに、主人の腎細胞癌…。振り返りながら記録したい

    nabe087

    なるようになるさ

  • 46位

    手のぬくもり

    2007年10月乳がん告知され、術前抗がん剤治療後、2008年4月にラジオ波手術をしました。放射線治療、5年間のホルモン治療も終わり、ほっとしたところに、主人の腎細胞癌…。振り返りながら記録したい

    nabe087

    なるようになるさ

  • 47位

    ドライヤー

    髪を乾かす時、ふと思い出した。 彼は1度も(私の前では)ドライヤーを使わなかった。洗い立てでも、「そのまま何もしなくてもすぐ乾いちゃうから~ドライヤーは使わないよ」と話してた笑 そういえば冬でも使ってなかったなーって。 寒くなかったのかな。 朝は寝癖がついてるので、髪をWA...

    わこのり

    わこのりのブログ

  • 48位

    水のトラブル

    1月18日 9月から続く水道とシャワーの修理でちょくちょく修理屋さんが出入りしている。 熱湯しか出なくなってしまって、とてもじゃないけどシャワーなんて浴びられ…

    トラトラ

    為せば成る 為さねばならぬ何事も

  • 49位

    祥月命日

    今日で… 四年が経ちました・・・。 ただ…ただ…会いたい。 それだけです。 そして…リリィが、昨日…あっちゃんのところへ逝きました。 今頃…4年ぶりの再会を果たし、抱き合い…二人仲良く元気に走り回っていると思います。 リリィ…あっちゃんをよろしくね!

    さとみ

    絶望の底から青空を見て・・・

  • 50位

    独りで生きて行くには

    最近のブログ記事では前向きな事も思える様になったそんな僕でも、未だにこんな風に考える事がある。今周りに居る仲間や、仕事、自分の持つ家や財産・・それらの全てを失っても母親に生きていて欲しかったと思う。独りで、自分を見つめる時間があると母親の事をしていたあの

    正浩

    7年半の介護生活「お母ちゃん、よう頑張ったなあ」

「家族ブログ」 カテゴリー一覧